蜂のお尻にご注意|スズメバチ駆除の専門業者なら巣ごと完全撤去

住宅

注意点を踏まえる

作業員

屋内でムカデを見つけた際の対処方法

日本にはムカデが130種類以上生息していると言われており、形状としては、細長い体と、節ごとに生えた足、頭部に毒を持った大きな顎を備えているのが特徴です。この毒には、ヒスタミンやポリペプチドが含まれているため、咬まれると激痛を伴う場合もあります。ムカデに咬まれた場合は、腫れている箇所を水で冷やし、すぐに病院で見てもらうようにしましょう。このように、ムカデには危険な性質があるため、屋内に侵入された場合、駆除する必要があります。ムカデ駆除の方法としては直接殺虫剤を吹き付ける方法が最も効果的ですが、吹き付けた際に暴れて咬みつく場合もありますので、完全に動きが止まったことを確認してから処分しましょう。

ムカデの屋内侵入を防ぐ方法

ムカデ駆除の方法としては、屋内に侵入してきたムカデに直接殺虫剤をふきつける方法がありますが、ムカデの被害に遭わないために最も効果的な方法は、ムカデが屋内に侵入しないように対策することです。そのため、ムカデの生態を理解しておく必要があります。ムカデは土壌環境で生息し、夜間に屋内に侵入するため、昼間のうちに家の周囲や壁に粉状の殺虫剤を帯状にまいておきます。これにより、夜間に屋外から進入する可能性は大きく減少します。また、屋内でも玄関ドアの隙間などに殺虫剤をまいておくと、さらに効果が高まりますので、進入口になりそうな小さな隙間は、抜かりなく殺虫剤をまいておきましょう。また、ムカデは屋外の落ち葉の下や、雑草の陰に生息していることが多いため、家の周囲の掃除や雑草処理をするだけでも効果はあります。急なムカデ駆除で慌てないために、普段から家の周りの清掃を心がけましょう。